ホーム > 診療内容一覧

診療内容一覧

診療内容一覧

虫歯治療

まずは痛みを取ります
虫歯治療

痛みがある場合は、応急処置をしてまずは痛みを取り、その後に虫歯になっているところを削る治療をしていきます。

なお、通常かなり痛みが強い場合には神経を取りますが、症状によっては神経を取らずに薬を詰めることで痛みが取れることもありますので、歯の状態や患者さんのご希望などによって適切に処置をするようにしています。

歯肉の状態を良くすることが大切です

虫歯の治療をする際は、歯を削った後に被せ物や詰め物をすることになりますが、この時に歯茎が腫れていると型が上手く取れなかったり出血したりするため、当院では歯石除去や歯みがき指導によって歯肉の状態を良くしてから、最終的な歯の治療を行うようにしています。

痛くない治療に取り組んでいます。

表面麻酔を塗って歯茎を麻痺させてから麻酔を打つことや、麻酔液を人肌に温めてから使用して刺激をなくすことなど、麻酔を打つ際の痛みをできるだけ軽減するようにしています。

虫歯を放置して激しい痛みが出てくると麻酔が効きづらくなりますので、少しでも気になることがありましたら、早めに治療を受けるようにしましょう。

歯周病治療

歯周病は怖い病気
歯周病治療

歯周病は、歯を複数本失ったり、全身に菌が転移したりする怖い病気です。きちんと歯みがきとクリーニングを続けることで、歯周病を予防するようにしましょう。

「自分はしっかりと磨いている」という方も、是非一度検査に来て頂ければと思います。

大切なのはプラークコントロール

お口の中にある細菌の塊をプラーク(歯垢)と言い、これを除去することをプラークコントロールと言います。
歯周病は、虫歯のように「削って詰める」治療を行う訳ではなく、プラークコントロールをしっかりと続けていき、お口の中を清潔な状態にすることが主な治療になります。

プラークコントロールにはいくつかの方法がありますが、最も大事なのはやはり毎日の歯みがきです。当院では、患者さんに歯みがき指導を行い、ご希望の方には磨ききれていないプラークのチェックをする検査も実施しています。また、歯みがきだけでは届かないところもありますので、定期的にご来院頂き、歯のクリーニングをすることも重要です。

かなり重度の歯周病患者さんに対しては、歯茎を切って歯の根本にある歯石を除去する口腔外科処置も行いますが、当院では日常的なお手入れである歯みがきが何よりも大事だと考えており、まずはしっかりと質の高い歯みがきができるようにすることに重点を置いた治療をしていきます。

歯周病で噛み合わせが悪くなることも

歯周病が進行して歯を支える骨が溶け始めると、歯が浮いてきて噛む時に強く当たってしまうようになることがあります。そのままその歯に負担を与え続けると、早期に抜けてしまうリスクが高まりますので、当院では他の歯とのバランスを見ながら噛み合わせを調整する治療も行っていきます。

根管治療(歯の根の治療)

虫歯や歯周病が進行して歯の根っこに細菌が感染してしまったら、根管治療と呼ばれる特別な治療が必要になります。
虫歯が進行すると歯の神経が死んで、歯の中で菌が繁殖してしまいます。この場合は、歯の中にある神経を取り除き、きれいに消毒して薬を詰める治療をします。

また、歯周病になると骨が溶けていくため、歯と骨の間に隙間ができて、歯の根っこの先から菌が入ることがあります。この場合も歯の中で炎症を起こして強い痛みを引き起こしますので、歯の上からしっかりと消毒をしていきます。こういった根管治療を行う時は歯の中の細菌をきちんと消毒することが重要ですが、歯の中は根っこの枝分かれなどがあり、100%完全に消毒しきることはかなり難しいというのが正直なところです。

そのため、場合によっては再発してしまう患者さんもいらっしゃいます。虫歯や歯周病の予防をしっかりと行い、もしなっても根っこまで菌に侵される前に治療を受ければ、根管治療を受ける必要はありませんので、毎日の歯みがきと定期検診を欠かさないようにしましょう。

予防歯科(お口のメンテナンス)

予防歯科
予防歯科(お口のメンテナンス)

当院のクリーニングは、歯の健康状態を維持することを第一の目的にして、歯科医師が虫歯や歯周病のチェックをしながら歯石除去をしていきます。

また、歯みがきに関してはご希望の方にみがき残しの検査を実施したり、正しいみがき方のワンポイントアドバイスをしたりしながら、患者さん自身が毎日しっかりとご自身の歯のお手入れができることを目指した指導を行っています。

口腔内メンテナンスについてはこちら

小児歯科

お子さんに対する当院の治療方針
小児歯科

当院では、お子さんを無理やり押さえて付けて治療するようなことはありません。無理に押さえつけて治療をしても、できる処置には限界があり、お子さんにとっても歯医者嫌いになるきっかけを作ってしまうことになります。早期に治療をすれば痛みはほとんどありませんので、予防と定期検診を続けていくようにしましょう。

なお、歯の生え始めや生え替わりなど、成長期ならではの心配ごともあるかと思いますので、もし気になることがありましたらお気軽にご相談にいらして頂ければと思います。

お子さんの歯科予防の大切さ

お子さんに歯みがきの習慣を身に付けさせるのはとても重要ですが、小さいうちはどうしてもみがき残しがありますので、お母さん・お父さんがしっかりと仕上げみがきをしてあげるようにしましょう。

また、乳歯は、虫歯になっても痛みが出にくいという特徴があるため、お子さんの歯の色などに変化がないか、毎日チェックしてあげることが重要です。また、大人と同様に定期的に歯科医院で検診を受け、早期発見・早期治療ができるようにしておくことも大切です。

口腔外科について

親知らずについて

親知らずは、正常な位置にまっすぐ生えていれば問題ありませんが、斜めに生えてきて隣の歯を押してしまうことも珍しくありません。

また、横向きのまま埋もれていることもあります。このような状態で放置しておくと、歯並びに悪影響が出たり、腫れ・痛みを引き起こしたりすることもありますので、気になる方は早めにご相談にいらして頂ければと思います。

インプラント治療(歯がない場合の治療)

インプラント治療について
インプラント治療(歯がない場合の治療)

歯を失ってしまった時の選択肢の一つに、インプラント治療があります。インプラント治療では、人工の歯の根っこを骨に埋め込むため、しっかりと噛めるようになるという特徴があります。

しかし、誰でも必ず適応するという訳ではなく、当院では歯科用CTの検査結果などに基づいて、安全に行える場合のみインプラント治療を実施するようにしています。

入れ歯

入れ歯について
入れ歯

当院で一番大事にしている事が「噛める入れ歯」を提供することです。

入れ歯が噛めることで当然食事の楽しみも増えます。
私は矯正治療も行える歯科医師ですので、当然噛み合せなどの機能面を重要視しています。今入れている入れ歯のお悩みでも結構です。お気軽にお問い合わせください。

おざわ歯科・矯正歯科の入れ歯の特長について

 1.  見た目が気になる方のために多種類の入れ歯をご用意しています。
 2.  痛みのない入れ歯を提供します。
 3.  入れ歯のお悩み、無料で相談に乗ります。

矯正治療(歯並びの治療)

矯正治療について
矯正治療(歯並びの治療)

当院では、取り外し可能で透明なマウスピースを使って少しずつ歯を動かしていく矯正治療「インビザライン」を行っています。

また、ブラケットとワイヤーを使用する通常の矯正治療を行う場合も、なるべく目立たないよう透明な装置を使用します。なお、お子さんの矯正治療は成長時期に合わせて適切に行っていく必要があり、特に反対咬合(受け口)の場合は、早めに治療されることが重要です。

大人も子供も、きちんと歯並びを良くしてお手入れがしやすい状態にすることは、大きな予防治療の一つです。歯並びが気になる方は、まずはお気軽にご相談頂ければと思います。

矯正治療についての詳細はこちら