ホーム > 口腔内メンテナンスについて ~予防歯科~

口腔内メンテナンスについて ~予防歯科~

口腔内メンテナンスについて ~予防歯科~

虫歯や歯周病、噛み合せ、親知らずなどお口の中には様々なトラブルが起きます。また、これらが影響して身体全体の疾患に繋がり、健康を害してしまわれる方も沢山いらっしゃいます。

まずは、そうならないよう現状を把握することと自信を持って過ごしていただけるように口腔内のメンテナンスを行っていきましょう。

予防をする理由って?

「痛い!」を防ぐ
「痛い!」を防ぐ

「痛いのは嫌だ!」という人こそ、しっかりと予防しましょう

虫歯が進行していくと歯の中にある神経にまで達し、強い痛みを引き起こします。そして、治療では神経を取らなければならず、歯の寿命を縮めることになってしまいます。こういったことにならないよう、普段からしっかりと正しい歯みがきをして、定期的に当院でクリーニングと検診を受けるようにしましょう。

歯周病菌は、歯を支えている骨を溶かし、心臓や肺にも転移します。
歯周病菌は、歯を支えている骨を溶かし、心臓や肺にも転移します。

歯周病は、細菌によって歯を支えている骨が溶かされてしまう病気で、お年寄りで歯を失ってしまった方のほとんどは、歯周病が原因だと考えられます。近年は、テレビなどの影響もあり歯周病の予防意識は高まっていますが、それでもまだ歯を失う原因の第1位は歯周病となっており、成人の80%が歯周病であると言われています。

歯周病は自覚症状なく進行していくのが特徴で、歯がグラグラしてきたと思ったら、既に骨がかなり溶けてしまっている可能性が高いでしょう。さらに、歯周病菌は心臓や肺に転移することもあり、昔は病院で入院している患者さんが歯周病菌による肺炎で亡くなることも珍しくなかったようです。

自分の歯と全身の健康を守るために、日頃からしっかりと歯みがきを行い、定期的に歯科医院でのクリーニングを受けることで、歯周病を予防しましょう。

まずは、お口の中のチェックを行います。

まずは、口腔内の状態をしっかり把握し、問題がなければ予防治療を始めます。虫歯や歯周病などが発見された場合は治療を優先して行っていきます。

虫歯のチェックについて
  • 歯の色が一部変わってきた(黒、茶色、白など)
  • 食べ物が歯に挟まるようになった
  • 歯に痛みがある
  • 冷たいものや温かいものが歯にしみる など

ごく初期の虫歯は自覚症状がなく気付かないことがほとんどで、進行するに従って徐々に症状が出始めてきます。上記のチェック項目に当てはまる方は、早めに歯科医院で検診を受け、必要に応じて治療を受けるようにしましょう。

歯周病のチェックについて
  • 歯茎から血が出る
  • 冷たいものや温かいものが歯にしみる
  • 口臭が気になる
  • お口の中がネバネバする
  • 歯がグラグラしてきた(かなり進行しています!) など

歯周病は虫歯よりもさらに自覚症状がなく、特に「痛み」がないため、気付かなかったり放置したりしてしまいがちです。しかし、歯周病が進行すると歯を一度に複数本失ってしまうこともありますので、しっかりとチェックをして進行を食い止めるようにしましょう。

噛み合わせ・親知らずのチェックについて
  • 顎が痛い
  • 顎が開けづらい
  • いつも左右片方の歯だけ使って噛んでいる
  • 歯が浮いてきた感じがする
  • 噛む時に一箇所だけ強く当たる など

噛み合わせが悪くなると、顎の関節に負担がかかり、顎関節症を引き起こすことがあります。噛み合わせが悪くなるのには、歯周病によって骨が溶けることや親知らずが生えてきて噛み合わせが悪くなってしまうことなど様々な原因がありますので、少しでも違和感がある時は早めに診察を受けるようにしましょう。

当院で行うメンテナンス(予防歯科)について

治療が終わってからが重要
治療が終わってからが重要

虫歯も歯周病も、治療した後にきちんとメンテナンスを続けていくことで、良い状態が保たれます。歯は、みがいているつもりでもみがけていない方が多く、当院では治療やメンテナンスでご来院頂いた際に、気付いたところをワンポイントでアドバイスさせて頂くようにしています。

虫歯・歯周病のメンテナンス

歯のお手入れグッズに関するアドバイスもしています
歯ブラシは使っていくうちに毛の固さが変わったり、毛が倒れたりして、しっかりと磨けなくなっていきますので、できれば月に1回は変えて頂くことをお勧めしています。また、フロスや歯間ブラシといったご家庭でも使える歯のお手入れグッズについても、患者さんの歯の状態に合わせてアドバイスをするようにしていますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

4~6ヶ月ごとの定期検診・クリーニングをお勧めしています。
ご自宅での歯みがきだけでは取り切れない汚れがありますので、4~6ヶ月ごとを目安に、当院での検診とクリーニングを受けて頂ければと思います。なお、治療直後の「この状態を大切にしよう」「二度と治療を受けないで済むようにしよう」「歯の健康を維持しよう」といったお気持ちを思い出して頂けるよう、当院では患者さん自筆のリコールハガキを活用しています。

被せ物や詰め物を入れた後のメンテナンス
虫歯治療で歯を削った後は、被せ物や詰め物を入れることになりますが、ただ削った穴をふさぐのではなく噛み合わせをきちんと合わせることが重要です。入れた直後は違和感がなくても一週間くらいすると噛み合わせが悪いことに気付いてくることもありますので、当院では被せ物や詰め物を入れた直後だけでなく、一定期間経過した後にも再度噛み合わせの確認をするようにしています。もし噛み合わせが悪いまま放っておくと、その歯を支えている骨がダメージを受け続け、歯を失うリスクが高まってしまいます。特に、近年被せ物や詰め物に使用されている金属は丈夫で硬いため、昔のように使っていくうちに金属の方が変形して調度良い形になっていくということは、ほとんどなくなりました。しっかりとメンテナンスを受けて、歯と骨に負担をかけないようにしましょう。

入れ歯のメンテナンス

入れ歯もブラシでお掃除しましょう
お口の中はうがいするだけではきれいにならないため、歯ブラシを使って磨く必要があることはみなさんご存知の通りです。実は入れ歯も同じように、ブラシで汚れを落とす必要があります。洗浄液に浸けるだけでなく、毎日きちんとブラシでぬめりを落とすようにしましょう。しっかりと入れ歯のお手入れをすることが口臭・虫歯・歯周病の予防、そして入れ歯を長持ちさせることに繋がります。

入れ歯が「痛い」「違和感がある」という方は、調整いたします
入れ歯は、作ってお口の中に入れたらすぐにぴったりと合うという訳ではなく、お口の中に慣れさせていきながら何度か調整をしていくものです。入れ歯を使っている時に痛みや違和感がある方は、「入れ歯はそういうものだ」と諦めずに、納得いくまで調整に来て頂ければと思います。もちろん、他院でお作りになった入れ歯の調整にも対応しています。

インプラント治療後のメンテナンス

インプラントも、治療の終わりがメンテナンスの始まりです
せっかく時間と費用をかけてインプラント治療を行っても、その後のメンテナンスが不十分では長持ちしません。インプラントは入れ歯のように特別なお手入れは必要ありませんが、毎日の歯みがきや、歯間ブラシ・フロスなどを使ったお手入れをきちんと行い、お口の中を清潔に保つことが重要です。また、インプラントは天然の歯と違い、骨に固定されると全く動かないため、噛み合わせが悪いと骨に負担がかかり続けてしまいます。当院では、しっかりと噛み合わせのチェックをして調整をするようにしていますので、治療後も継続的にメンテナンスにお越しください。